ページ

2012年1月29日

私がリモートリポジトリとしてgithubではなくbitbucketを使う6つの理由

Bitbucket
以前Tumblrに簡単にまとめたのを、もうちょっと詳しく書いてみました。(2012年4月27日)

1.5ユーザーまで無料

無料アカウントでも、自分のリポジトリに対して開発メンバーを5ユーザーまで追加できる。5人のうち1人は自分。どのリポジトリをアクセス可能にするかどうかはユーザーごとに選べる。6人以上は有料。
Bitbucket 料金プラン

2.public/privateを選んでリポジトリ作成

Githubでは課金しないとプライベートなリポジトリを作れない。

3.リポジトリはいくつでも作れて、データ容量も無制限

いまのところいくつでもつくれる。

4.GitとMercurialの両方とも使える

分散型のバージョン管理システムとしてメジャーなGitとMercurialの両方に対応している。Gitは当然として、Mercurialにも対応しているのはすごく助かる。

5.https/SSHで通信

HTTPSでPull & Pushできるのは楽。

6.Issue tracking, Wikiに対応

自分はあんまり使わないけど、こういう機能にも対応している。

参考

他にもいろんな機能が充実してきたので、見てみると面白いかも。
Free source code hosting - Bitbucket | Atlassian(日本語)
Bitbucket

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...