ページ

2012年9月20日

インターネット概論 〜どうしてつながるの?〜

あなたのスマホ、PCどちらを使っても構わないので、アメブロにアクセスしてみてください。

どうやってアクセスしましたか?ブラウザのお気に入りから?検索して結果からアクセス?アプリを使いました?URLを入力して直接アクセスした人もいるかもしれません。

ここでちょっと考えてみてください。当たり前すぎて気付いてないかもしれませんが、今起こったことは簡単に説明できることではありません。

どうしてつながるの?

なぜブラウザやアプリで、求めていたものが表示されるの?

今回はインターネットを支える基本の考え方、インターネットで商売をしていく上で最低限の知識となるものを紹介していきたいと思います。

いきなり結論を書いてしまいますが、今日のインターネットを支えるものは次の3つです。

  • サーバー
  • クライアント
  • ネットワーク

サーバーはユーザー情報や画像など、あらゆる情報を持っています。サーバーにはたくさんの種類があり、メールを受け取ったり、ブログのサーバーならユーザーの投稿を管理したり、情報を持つだけでなくそれぞれが様々な役割を担っています。

クライアントはWebサービスにアクセスするためのデバイス(パソコンやスマートフォン、タブレットなど)です。ブラウザ(SafariやFireFoxなど)からサーバーにアクセスし、サーバーとうまくやり取りをしつつ、受け取ったデータから画面を構築していく役割を担っています。

ネットワークはインターネットそのものといっても過言ではありません。サーバーどうしをつなぎ、クライアントが目的のサーバーにたどり着く手助けをします。

来週社内で非エンジニア向けにインターネット概論の講座を開講しますが、質問やワークを交えながら、こういった話をしていこうと考えています。

内容をもっと噛み砕いて、分かりやすく詰めていかないと。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...